2017年 04月 18日

御前岳・釈迦岳 縦走

春の嵐が過ぎて河川が増水していたが、天気は回復傾向なので山へ向かった。
ダムは放流中で上流の川も勢いよく流れていて、ルートの渡渉箇所は大丈夫かと不安がよぎる。
9時30分杣の里Pをスタート、心配だった渡渉もどうにか大丈夫だった!
e0206944_20535458.jpg



e0206944_2173739.jpg
雨上がりのトレイルは足元を彩る春の野草が見頃、ダイジェスト版で。



e0206944_2115532.jpg
ヒトリシズカ


e0206944_2121555.jpg
チャルメルソウ


e0206944_2124258.jpg
ユリワサビ


e0206944_213686.jpg
ヨゴレネコノメ


e0206944_2142369.jpg
シロバナネコノメ


e0206944_215074.jpg
ハルトラノオ


e0206944_2152236.jpg
フタリシズカはまだ蕾


e0206944_216716.jpg
コガネネコノメ


e0206944_21312026.jpg
ヤブツバキ 林道から御前岳までが急登。


e0206944_21313996.jpg



e0206944_21324724.jpg
ヤブツバキのプロムナード!


e0206944_2134249.jpg
アセビ


e0206944_2134208.jpg
稜線はまだガスかかっている、しかし天気は回復傾向、期待して前進!


e0206944_21353091.jpg
11時07分、御前岳山頂、ガスっていて展望は無し。


e0206944_21361550.jpg
縦走路はシロモジの黄色い花が目立っていた。


e0206944_21373165.jpg
ガスがはれお天道様が現れた!
先ほどの御前岳を振り返り見る。


e0206944_21383219.jpg
前方には釈迦岳が聳え立つ。


e0206944_21395034.jpg
12時ジャスト、釈迦岳山頂、お釈迦様に手を合わせる。


e0206944_2141213.jpg
釈迦岳より御前岳と奥に前回子供と登った石割岳。


e0206944_21422370.jpg
大分県側のピークに立つレーダードームと展望台。


e0206944_21432868.jpg
レーダードームで昼食を摂った。


e0206944_21434037.jpg
コンクリートなので靴を脱いでリラックス^^


e0206944_21445572.jpg
渡神岳と奥は九重連山、麓には椿が鼻のスノーピーク奥日田が見えている。


e0206944_21465024.jpg
天気は完全に回復、気持ちのいい陽射しと風を浴び下山。


e0206944_21481017.jpg
エイザンスミレ、葉がギザギザが特徴。


e0206944_21491238.jpg
明るい県境尾根。


e0206944_21494441.jpg
ヤマエンゴサク


e0206944_21502174.jpg
シロバナネコノメとヤマエンゴサクの共演。


e0206944_2151451.jpg
サバノオ、九州にしかない植物。


e0206944_21514983.jpg
こちらはサバノオとヤマエンゴサクとツクバネソウのトリオ^^


e0206944_2153999.jpg
この蕾はニリンソウかな?



シジュウカラにヤマガラ、時よりけたたましい声はカケス、陽射しとともに森は賑やかになる。
e0206944_21535425.jpg



e0206944_2154857.jpg



e0206944_21542086.jpg



e0206944_21543166.jpg

峰越林道を経て八ツ滝へ降りてきた、中腹では萌木色に輝く溪谷がきれいだった。



今日はこの地図のルートを時計回りに周回。
e0206944_2253414.jpg

[PR]

# by ffbunka | 2017-04-18 21:58 | Mountaineering | Comments(0)
2017年 04月 03日

石割岳

先週保育所を卒園し来週から一年生の双子を連れて地元星野村の石割岳を歩いてきました。
平野部の桜もまだまだ5分咲き、今年はいつまでも寒かったので山も芽吹きが遅れています。
e0206944_20373329.jpg
後方にそびえる石割岳、10時20分展望所Pをスタート!!


e0206944_2038173.jpg
歩きだしてすぐ巨大な落ち葉、なんの葉かな?


e0206944_20381921.jpg
4月なのにまだヤブツバキが見頃、


e0206944_20393759.jpg

苔むした岩や倒木を乗り越えてジグザグに高度を稼ぐ登山道

e0206944_2039508.jpg


5合目からは6,7,8,9合目と看板が立つので子供もヤル気が出てよかった、
e0206944_2040364.jpg



e0206944_2041498.jpg
11時30分、登山口より1時間10分で石割岳山頂941m!!
春霞で遠くは見えなかったが、竹山、鈴ノ耳納、カラ迫、熊渡、御前釈迦、三国国見など1000m級の奥八女の山々が見渡せた。


e0206944_20424312.jpg
子供達は腹減ったらしくモグモグとおにぎりをほおばっています^^


下山は別ルートで(一方通行で周回コースになっている)
冬枯れの装いだったが足元には春の野草を見つけた。
e0206944_20444867.jpg
サバノオ


e0206944_20445999.jpg
馬酔木の花


e0206944_20453021.jpg
タチツボスミレ


e0206944_20451892.jpg
ヤマルリソウ

割と本格的なトレッキングは初めてだったけど、まぁ楽しかったみたいです^^
帰りに星野温泉きららに入ってさっぱりしました。
[PR]

# by ffbunka | 2017-04-03 20:54 | Mountaineering | Comments(2)
2017年 03月 06日

2017解禁

今年も長い夏が始まった、渓流解禁。
まだまだ朝方は冷え込む3月上旬、昼過ぎからの重役出勤。
気温は11度、陽射しに風に春の匂いが、メイフライのハッチ。
思った以上に川の中にも春が訪れていました。
e0206944_21453635.jpg

解禁してすぐの溪魚達はスレていない、ためらいもなくフライに食らいつてきます。

e0206944_21454836.jpg


一先ず春ヤマメの姿を確認できたのだが、
鈍った竿裁き、痛恨のスリップで袖を濡らし天を仰いだ(苦笑)
e0206944_2146099.jpg

[PR]

# by ffbunka | 2017-03-06 21:51 | Fly fishing | Comments(2)
2017年 02月 28日

仰烏帽子 福寿草

絶好の登山日和、福寿草も見頃を迎えているだろうと期待し九州道を南下、
7時に自宅を出発するも、益城ICで渋滞にあい登山口まで3時間を要した。
10時20分第二登山口を出発。
e0206944_9142266.jpg
晴天で無風、緩やかな稜線歩きが気持ちいい。
福寿草まで50分と書いてあるが20分も歩けばチラホラと点在、
おばさんハイカー達の歓声が響く。


e0206944_9154285.jpg



e0206944_9173496.jpg



e0206944_9174840.jpg
皆さん福寿草に見入って足が止まります^^


e0206944_9185425.jpg
石灰岩の露出したとこにびっしりと咲いています。


e0206944_9195146.jpg
仏石、パワースポットだとか... 登っている人もいました。


e0206944_9205658.jpg
仏石付近にもたくさん。



e0206944_9213058.jpg
仰烏帽子山頂!!登山口から2時間弱、
pm2.5のせいか今一つ霞んでいる、霧島や雲仙がうっすらと見える程度だった。


下山も福寿草を愛でながら^^
e0206944_922670.jpg



e0206944_9221744.jpg




e0206944_923682.jpg

今月納車されたデリカD5、トルクフルなディーゼルエンジンで山道もグイグイ登ります。
燃費もアベレージ12.5キロ、巨体の割には良い方ではないでしょうか!
車であり、どこにも連れて行ってくれるアウトドアのギアでもあります^^
[PR]

# by ffbunka | 2017-02-28 09:27 | Mountaineering | Comments(0)
2017年 01月 10日

アイゼンを新調

モンベルのやつ、ラチェットバックルです!!
しかし、山に雪が無い、週末の寒気に期待します^^
e0206944_14212644.jpg

[PR]

# by ffbunka | 2017-01-10 14:23 | Od Gear | Comments(0)