カテゴリ:Kyushu disaster( 10 )


2012年 10月 21日

Thank you roman & kristy

笠原にてボランティアで活躍したフランス人ロマンとエストニア人クリスティーが帰国

半年間のえがおの森滞在中7月の九州北部豪雨で被災、孤立、停電、その後の灼熱の日本の夏、復興作業に尽力されました

昨夜、仕事を終えてえがおの森へ彼らに"お別れ"を言いに行ってきました
e0206944_1223815.jpg
ロマンはあいかわらず、PCにへばりついてたね...


e0206944_1225989.jpg
クリスティー、夕べは珍しくアルコール入ってたな、少し切ない目で星空を眺めてました


不自由な生活に慣れない暑さの中でのボランティア作業大変だったと思います

八女笠原の為に汗を流してくださいました「ありがとう!!」の一言につきます

そんな出会いに感謝、また日本へえがおの森へ遊びにきてね!(^^)!
[PR]

by ffbunka | 2012-10-21 14:28 | Kyushu disaster | Comments(0)
2012年 09月 10日

梅ちゃんの送別会@Egaonomori

えがおの森ボランティアで活躍していた"梅ちゃん"の送別会「BBQ]へ参加させていただきました
えがおの森滞在中に九州北部豪雨により被災、笠原地区の復興の為に毎日活動されました
悔しくも梅ちゃんとは"災害"がご縁で知り合う事となったわけである
共に汗を流して泥かきをしたり、散髪のボランティアもしましたね、今年の夏は暑かったですね、でも風が気持ちよかったなぁ
短い時間ではありましたが結構濃い時間を過ごしました
また時間が取れたら笠原へ遊びに来て下さいね
e0206944_22113385.jpg
盛り上がりました



e0206944_22223711.jpg
Tシャツ寄せ書き、デカすぎ(^^ゞ



e0206944_22225121.jpg
外国人ボランティアも増えました、後ほど紹介しましょうか



e0206944_22231735.jpg
原住民アボリジニまたは妖怪べらりひょん?(笑)



兵どもが夢のあと... ガチャガチャガチャとクツワムシの音が響いていました
教室で倒れるように寝ました、目を閉じて3秒くらいで夢の中へ、合鴨の酒が効きました(>_<)

e0206944_22352599.jpg

朝目覚めると教室の窓からは豪雨の爪痕が見えてました、6時40分頃起床しました、でも7時まで布団でボーッとしてました
裏のせせらぎの音が心地よかったんです、食堂へ向かうと森さんが朝食を作っていました
あんなに飲んだのにきちんと朝起きているところが流石です



e0206944_22415939.jpg
涼しい風に誘われて川を見に行きました、水生昆虫のパトロールですね


e0206944_22435679.jpg
カニがいました
川の中にある石を捲ると裏側に"ヒゲナガ"のラーバがいました小石でコロニー(巣)のようなものを作っているのもいました
羽虫もとんでいたので一先ずは安心です


散歩から帰り朝食をいただきました、味噌汁に漬物や野菜、ヘルシーなメニューだった、やや二日酔いにはありがたい
勿論、外国人にはウケないらしい^m^食事が済んだら玄関の掃除をしました、滞在したら何かの仕事をするのがここの掟のようです


昨夜の送別会で朝はスロースタート...みなさんようやくお目覚めだ(笑)

ステキな一夜を過ごさせてもらった、こういうのは学生時代の修学旅行以来...?

梅ちゃんにお別れの言葉をかけたが、こういう時には良いセリフが浮かばないものだ

しかし、また会う日を楽しみに明日からの新しい日々を歩もうではないか!!

がまだそい梅ちゃん。
[PR]

by ffbunka | 2012-09-10 23:15 | Kyushu disaster | Comments(2)
2012年 08月 28日

リフレッシュ

災害ボランティアで活躍する"えがおの森"メンバーとリフレッシュパーティー!!
e0206944_917397.jpg



e0206944_9204242.jpg
宇宙戦艦ヤマト


e0206944_9205923.jpg
キン肉マン


e0206944_9211234.jpg
などなど...(笑)


e0206944_9245414.jpg
最後はみんなでWe are the World!!


大変盛り上がりました(^o^)/

しばしの休みは明日への糧、つづくボランティア作業頑張りましょう!!
[PR]

by ffbunka | 2012-08-28 10:28 | Kyushu disaster | Comments(4)
2012年 08月 20日

笠原にて

今日はえがおの森に行ってきました

途中の霊巌寺の前でこれが目にとまりました
e0206944_21591385.jpg

「自然態の生活を貫ぬくこと それは自然に学び自然に従い 自然とともに生きることである 松尾考嶺」

先人の言葉が今日私の胸に響いた。
[PR]

by ffbunka | 2012-08-20 22:14 | Kyushu disaster | Comments(2)
2012年 08月 08日

災害ボラ

e0206944_8424215.jpg
避難所で生活されている方達へ明日への活力になっていただければ.....そんな願いをこめて。

e0206944_8474459.jpg

[PR]

by ffbunka | 2012-08-08 08:45 | Kyushu disaster | Comments(4)
2012年 07月 23日

友人の実家へお手伝い

引き続き笠原左手上(さんじゃき)地区へ汗かきに行ってきました

e0206944_21405516.jpg


支流になる小さな沢が破壊し濁流が家屋の中を流れたそうです
屋外や床下の土砂は取り除かれていました、今日は箪笥などを動かしフローリングの泥拭きや
建具やふすまを水で洗いました、粘土質の頑固な泥は骨折ります(^^ゞ

e0206944_21461618.jpg
被災された住民と公民館でお話する事ができました
年配の方が多いのですが、前向きに希望を持って復興作業を行われています、明るい話題の溢れる公民館でした



~がんばろう日本~
e0206944_2146318.jpg
今日からボランティアの方々が多数来られたそうで、地元消防団の方はおかげで作業が進んだと言われていました




e0206944_2149947.jpg
ここも渓相が変わってしまいました、川の流れに立っていると魚釣りしたくなりますね。


今日も微力ながらお手伝いさせていただきました、少しづつでもお役に立てればと思います。
[PR]

by ffbunka | 2012-07-23 21:53 | Kyushu disaster | Comments(0)
2012年 07月 22日

災害ボランティアへ 

今日は被害の深刻な笠原(鹿子尾)地区へ行きました
石割岳へ山登り行ったり、ヤマメ釣りでもお世話になっている親しみのある地域です

まだまだ危険個所も多く全く手つかずの被災家屋が多数ありました
住民の方達の避難場所でもある「えがおの森」にて小森氏の指揮によりボランティアは動きました
災害から1週間、ボランティアが村に入るのは今日が初めてだそうです

e0206944_2328517.jpg


また人の手を借りたいと思っていても他人がプライベートな部分に入るわけだし
そんな気持ちを配慮しつつ、我々を受け入れていただいたのだと思う。
e0206944_23292385.jpg
被災現場へ向かう途中も土砂崩れが多数あります



e0206944_23302826.jpg
埋まった水路の確保や土のう作り、室内の片付けなどなど...



e0206944_23321157.jpg
えがおの森滞在中に被災したロマンとクリスティーそしてウメちゃんGOOD JOB!!



e0206944_23335043.jpg
山村塾の方達も合流して本日の課題をクリヤー!!
状況がひどすぎるので長いスパンで考えて動き、必ず"復興"させる、まだまだ人手も重機も足りない現状!!


e0206944_23374837.jpg
一山崩れた現場や



e0206944_23383631.jpg
流木の散乱した河川


本当の戦いはこれから...
少しでも時間があれば力になってあげられないかと切に感じた。
[PR]

by ffbunka | 2012-07-22 23:49 | Kyushu disaster | Comments(0)
2012年 07月 16日

つづく復旧作業

e0206944_23423555.jpg

時間とともに被害の実態も明らかになる
慣れ親しんだ景色も変わり果てた景色に...

消防団の仲間も気温30℃以上の炎天下で復旧作業
被災されたお宅等の土砂を取り除きました、道路や河川は公共事業的に復旧しますが
個人宅では我ら消防団やボランティアの活動範囲、率先して作業を行いました


e0206944_23293172.jpg

休みを潰し、汗を滝のようにかき、地元の明日の為にもがんばった消防団にエールを送りたい
最高にかっこいいぜ!!!!!!!!


有事の際、率先して活動できるような大人「男」でありたい。
[PR]

by ffbunka | 2012-07-16 13:18 | Kyushu disaster | Comments(0)
2012年 07月 15日

二日目

大雨から一日がたった、
昨日の天気が嘘のように朝から晴れ、一夜明けて被害の実態も明らかに
早朝から近所の校庭にヘリコプターが離発着を繰り返す

e0206944_11113886.jpg

山間部の地域は道路が分断され孤立しているので
救援物資、お年寄りの避難などヘリコプターが唯一の手段のようだ
e0206944_11115536.jpg



高校生が自衛隊とバケツリレーで物資をヘリへ搬入していた
e0206944_11121170.jpg



消防団の仲間数名は被害が大きい地域へ応援に行っている
川の上流には土砂ダムができているようなのでくれぐれも注意するようエールを送った。
[PR]

by ffbunka | 2012-07-15 11:23 | Kyushu disaster | Comments(0)
2012年 07月 14日

九州豪雨

未明からの大雨で私の住む町にも被害をもたらしました
消防団活動で朝から出ておりました、分団によってはまだ作業活動されておられると思います
一先ず風呂に入りPCの前で2012,7,14今日の出来事を綴りたいと思います。

e0206944_2035187.jpg
夕方になって水位が下がった矢部川


e0206944_20353699.jpg
流出した家屋



e0206944_20355345.jpg
堤防も決壊寸前
[PR]

by ffbunka | 2012-07-14 20:35 | Kyushu disaster | Comments(2)