カテゴリ:Trip( 10 )


2014年 04月 24日

travel to 軽井沢 vol1

e0206944_15233369.jpg
義兄の結婚式へ行ってきました

東京でトランジット、目指すは長野県軽井沢、誰もが知る山のリゾート地、ワクワクです^^



e0206944_15235037.jpg
軽井沢駅で新幹線を降りたら、冬でした。

マジ寒い~~((+_+))



中軽井沢星野エリアにあるブレストンコートにチェックイン
e0206944_1530616.jpg




e0206944_15301550.jpg
ウチのファミリーが案内されたのは603カッコウ



e0206944_15341817.jpg
ロガーな作りの離れが山な雰囲気、窓辺にリスでも遊びに来そうなお部屋





そして軽井沢と言ったらココでしょう~~
e0206944_153557.jpg



e0206944_1535524.jpg
CoffeeHouse Shakerさん、ブレストンコートから近くにありました

釣やアウトドア系の雑誌でよく紹介されているカフェです


e0206944_15365621.jpg



e0206944_15371811.jpg

e0206944_15372830.jpg

e0206944_15373854.jpg
ブレンドコーヒーが冷えた体を温めてくれました、子供達はシフォンケーキを嫁さんはマテ茶を

カウンターにあるColdMountain田渕義男氏メイドのスツールに座り、しばし釣り談義

オーナーの黒澤さんと釣りの話ができることが田舎者には非現実的すぎます

川の情報や軽井沢の案内を丁寧に教えてくださって、まさに夢のような時間でした!!





e0206944_15543919.jpg
明日は結婚式、しとしとと降り続く雨が上がることを祈りながらベットイン

フライロッドを振っているイメージを膨らませながら目を閉じました

落葉松の長い枝から落ちる雫が屋根を叩く音だけ

心地よい軽井沢の夜でした。


続く
[PR]

by ffbunka | 2014-04-24 16:34 | Trip | Comments(4)
2013年 10月 26日

九州横断特急

草千里から阿蘇駅まであそゆふ高原バス復路に乗り下車
列車の時刻までゆっくり時間がありました
e0206944_22534251.jpg
彼らもすっかり旅人してます^^


e0206944_22545149.jpg
阿蘇駅の隣は道の駅阿蘇、新鮮野菜や地元物産など豊富にあります、車の人にも列車の人にも人気の道の駅です

e0206944_22564928.jpg

e0206944_2257653.jpg

e0206944_22571993.jpg
ここでもチビちゃん達はどんぐり拾い、木を揺さぶるとボタボタと落ちてきます^^
帽子にとまったアキアカネ!


e0206944_22584038.jpg
暮れなずむ空とクラシックな佇まいの阿蘇駅へ


e0206944_22594752.jpg
今月運行を始めた"ななつ星"にあわせてオープンしたレストラン「火星」がホームの反対側にあります!

e0206944_232744.jpg
赤いボディの九州横断特急が入線してきました
ホームには大きなリュックを背負ったバックパッカー風の欧米人、旅行ムードを掻き立ててくれますね^^

e0206944_233539.jpg

e0206944_2332886.jpg

e0206944_2334499.jpg
赤水-立野間にはスイッチバック区間がありました、運転手さんが車内を後方へ歩いていきます!!
特急なので勿論ワゴンサービスもありました、列車の席から望む阿蘇山もいつもと違ってまた良いです(^^♪

e0206944_2392489.jpg
欧米系の方々に席を囲まれたので世界の車窓からさながらの雰囲気、
夕陽が旅の終わりを演出してくれているようにも思えました^^



熊本で九州横断特急を降り、在来線に乗り換え銀水~船小屋へ
サラリーマンや学生達の帰宅と重なり"現実世界"へと呼び戻された気分... 
e0206944_23121718.jpg

e0206944_23123370.jpg

e0206944_23124688.jpg

e0206944_23125926.jpg

e0206944_23131139.jpg
ちょっと旅疲れしたチビちゃん達は列車に揺られ夢の中~~zzz
船小屋駅で列車を見送り今回の旅行は終わりました\(^o^)/

天気に恵まれ、良い思い出が出来たと思います、また鉄道旅行を計画したいですね!!

終わり(^^♪
[PR]

by ffbunka | 2013-10-26 20:50 | Trip | Comments(2)
2013年 10月 25日

あそゆふ高原バスと阿蘇トレッキング

二日目、今日もいい天気です、今日は"あそゆふ高原バス"で熊本県の阿蘇まで行きます
e0206944_22345719.jpg
湯布院駅の前で由布岳をバックに記念撮影^^

e0206944_22381847.jpg
時間的にこの辻馬車には乗れませんでしたけど運転席に乗せていただきハイポーズ!!
(当日先着順ってのがちょっと...)

e0206944_223967.jpg
駅前があそゆふ高原バス乗り場になっています、湯布院を後にして出発進行~!!
コースは別府~湯布院~黒川温泉~阿蘇駅~草千里の往復です

e0206944_22401335.jpg
やまなみハイウェイ、飯田高原や牧ノ戸峠、紅葉が綺麗でしたよ~~
正直ヤマノボリしたくなりました^^

e0206944_2242179.jpg
道中はバスガイドさんがいろんな案内をしてくれます

e0206944_22432241.jpg
くまもん

e0206944_22435121.jpg
阿蘇の草千里までやってきました、ここで1時間半ほどフリータイム!!
中岳火口は有毒ガス発生の為立ち入り規制中とのことです

e0206944_22453440.jpg
時間もあるしせっかくなので杵島岳へ登りました(^^)/
(登山ファンの方お待たせしました、ちょっとだけ山歩きしてきました)

e0206944_22462652.jpg
登山口にある麦わらの家??

e0206944_22471593.jpg
ススキの急登はグングン高度を稼ぎます
バス降りた時は寒いくらいだったのに... 汗が吹き出しました(^^ゞ

e0206944_22474356.jpg

e0206944_2248170.jpg

e0206944_22481374.jpg
ゲンノショウコ、ヤマラッキョウ、リンドウがたくさん咲いていました、この季節でもお花畑のような箇所があります!!


e0206944_22483564.jpg
整備されてますが階段がこたえます... ありがたいのやらどうやら(^^ゞ

e0206944_2251223.jpg
45分程度で杵島岳山頂1326m、お気軽トレッキングのはずが途中おんぶしたりで結構きつかったです

e0206944_22492543.jpg
眼下に草千里と烏帽子岳

e0206944_22494226.jpg
活発な中岳火口と高岳(パワースポット)地球の息吹が聞えますよ!

e0206944_22541930.jpg
世界規模カルデラの唯一の切れ目"立野火口瀬" 阿蘇白川が熊本平野へ注いでいるのが見えました
杵島岳からは火の国でもあり水の国でもある阿蘇を見ることができます!!

e0206944_22592096.jpg
チビちゃん達が一番興味をしめしたのはやっぱコレでした(笑)

e0206944_2301112.jpg
集合時間にバスまで戻り復路の阿蘇駅をめざします。


続く
[PR]

by ffbunka | 2013-10-25 22:21 | Trip | Comments(2)
2013年 10月 24日

湯布院にて

ゆふいんの森を下車すると気持ちいい秋風が吹いていました
e0206944_12471391.jpg
オシャレな駅舎の湯布院駅

e0206944_12473173.jpg
改札を出ると正面に雄大な"由布岳"がお出迎え(^^)/
ドウダンツツジだろうか?赤く紅葉してるのが見えます、登頂欲を掻き立てられる姿です


しばし湯布院散策、湯の坪街道を歩いて金鱗湖へ
湯の坪街道は人が多くて正直疲れます、おみやげ物ストリートってトコかな?
個人的にはもっと情緒溢れる景観が好みですが"売らんかな主義的"な商店が乱立
これこそ人気リゾート地の宿命{課題}ではないでしょうか?個人的な意見ですので、あしからず^^
e0206944_12475680.jpg
金鱗湖は湧水と温泉の湖

e0206944_1554372.jpg
自動車博物館にて、手前消防車50円、奥ラビット号?20円也!!


e0206944_12482382.jpg
葉っぱの傘はトトロのマネです^^
一番楽しかったは児童公園でしょうか?滑り台にどんぐり拾い^^


e0206944_12484626.jpg


e0206944_1249398.jpg


e0206944_12492371.jpg
そして今回のお宿「ぽっぽ庵」
字の如くぽっぽ=汽車、客室や露天風呂から列車が見えるお宿です
チビちゃん達が喜びそうだな~という事でココを選びました(笑)

e0206944_1333169.jpg
部屋へ案内されると窓の外をゆふいんの森が通過しました!!

e0206944_1352742.jpg
線路の近くまで散歩しました^^
田園風景とバックの由布岳がナイスなロケーション

e0206944_1121885.jpg
日本の原風景を列車が走り抜けていきます、ノスタルジーな世界感がありました^^

e0206944_1363164.jpg

e0206944_13404359.jpg

e0206944_13405923.jpg

e0206944_13412361.jpg
貸切露天風呂は最高です!!
露天風呂からも列車が見えます、向こうからも丸見えかな(笑)一応フィルム貼ってあるようでしたけど...

e0206944_13415051.jpg
豊後牛にヤマメの塩焼き、ビールがすすみます(*^_^*)

e0206944_13425842.jpg
夜の湯布院と夜の列車も趣がありました(銀河鉄道の夜)(ナイトトレイン)ロマンチックです
お酒が回って気分よい夢見心地に響く単線列車の音がなんとも言えませんでしたね!

ちなみに、私は鉄道マニアではありませんのでヨロシク(笑)



朝がきました「おはようございます」
e0206944_13573736.jpg
朝もやがかかり清々しい空気の湯布院
カブ号の音、早朝から働く農夫の姿、これぞ日本の朝!!

e0206944_13584390.jpg
子供達は朝風呂です、これが最高に気持ちいいんだなぁ~(*^_^*)

e0206944_13593494.jpg
あらゆる方面で訪れる人を満足させてくれる、何回訪れても「ゆふいん」は懐の深いリゾートであります。

さあ、今日も新たな旅が続きます(^^)/
[PR]

by ffbunka | 2013-10-24 22:27 | Trip | Comments(2)
2013年 10月 23日

ゆふいんの森

昨年に引き続き列車の旅に行ってきました!!
台風の影響が気になっていましたが、最高の天気に恵まれました^^
e0206944_840378.jpg
今年はゆふいんの森で湯布院へ、ヨーロピアンなハイデッカー車両がお洒落ですね^^
久留米駅~湯布院駅へ久大線を走ります、筑後平野に日田玖珠の山郷を抜け由布高原へ
およそ一時間半の旅、さっそく出発進行です!(^^)!

e0206944_8405453.jpg

e0206944_8411468.jpg


ケミカルの曲が合うかどうかはさておき、市街地を抜けリゾートへ、そんな心地よさがこの列車にはあります^^
e0206944_21415232.jpg


e0206944_21532968.jpg


e0206944_21361737.jpg


e0206944_8413842.jpg

e0206944_8415322.jpg

e0206944_842564.jpg

e0206944_21421619.jpg


e0206944_842206.jpg

e0206944_21424580.jpg


e0206944_8423527.jpg

e0206944_8431356.jpg
トンネル、鉄橋、トンネル、鉄橋!山間を縫うようにゆふいんの森は走ります
右手に耳納連山、広がる黄金色の筑後平野、筑後川の悠久の流れ、「慈恩の滝」「伐株山」「遠くに九重連山」見どころも満載でした^^
そして弁当食べたりBEER飲んだりと列車ならではの時間が過ごせます^^チビちゃん達も景色を見たり絵本読んだりと寛いでいました!

e0206944_1114990.jpg
開けた牧歌的情緒に湯煙が立ち上る高原美が車窓に広がります
そしてようやく湯布院駅に到着です!!

e0206944_8435077.jpg
九州一の人気観光列車ゆふいんの森を堪能、列車に別れを告げて駅を後にしました。

続く
[PR]

by ffbunka | 2013-10-23 21:48 | Trip | Comments(4)
2012年 11月 03日

はやとの風で鹿児島へ

霧島温泉駅から"はやとの風"に乗り鹿児島へ向かいました、日本の原風景の中を走り霧島山と別れ桜島が迫ってきます
途中、嘉例川駅に停車休憩します、ここもまたジオラマの世界のようなレトロな駅舎でした
そののち錦江湾にそびえる桜島が見えてきます、日本一の活火山は今日も活発な噴火をしていました
そして最終目的地終点の鹿児島中央駅へ到着です


e0206944_23281851.jpg
昨日と同じ漆黒のはやとの風がやってきました



e0206944_23283983.jpg
嘉例川駅、flstc0722さん、残念ながら今日は駅弁なかったです(^^ゞ 平日休みはこういうこと多いんです...(涙)



e0206944_23285415.jpg
木造のレトロな駅舎がいい雰囲気ですね!!



e0206944_23292781.jpg
桜島がドガーンと噴火しました^^;
鹿児島はまさにボルケーノシティーです



e0206944_23294646.jpg
大きなリュックはコインロッカーに仕舞い込んで市内観光
鹿児島シティービューというバスで西郷銅像や城山、磯庭園などを周り水族館「いおワールド」へ行きました



e0206944_2330321.jpg
水族館では巨大なジンベイザメやイルカのショーを観ました



e0206944_23301922.jpg
鹿児島中央駅AMUプラザにある観覧車、時間つぶしに乗ってみました



e0206944_23303414.jpg
久しぶりに観覧車乗るとコワい...
降りてからのコーフィーサービスがよかったです(*^_^*)



e0206944_23305045.jpg
帰りは700系みずほと800系つばめを乗り継ぎ筑後船小屋まで
速い早い!!1時間10分程で着きます、数年前HONDA CUB50で行った時は9時間かかったけど...(笑)



e0206944_2331688.jpg
旅の終わりに新幹線に手を振りました
800系、SL人吉、いさぶろうしんぺい、はやとの風、700系、800系と乗り継いで行った鹿児島の旅
マイカーのように自由は効きませんが、駅弁食べて地ビールを飲み、制約された「時刻表どうり」中の自由というか、いろんなドラマ、歴史、出会いが沢山の旅でした、鉄道の旅はマジ良かったです!!
また初めての子供連れ一泊二日旅行も大成功という事で〆たいと思います(^^)v


長きにわたって列車の旅にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m
[PR]

by ffbunka | 2012-11-03 13:27 | Trip | Comments(2)
2012年 11月 02日

霧島温泉

陽も西へ傾くころ終点吉松駅から"はやとの風"に乗り継ぎました
はやとの風は漆黒の車体に金のエンブレムがかっこいい列車でした、私的にはかのZIPANGUを連想(^^ゞ
そして今回の旅の宿泊地、霧島温泉へ到着しました!!

e0206944_22312638.jpg
ちょっとワルな感じがいいです



e0206944_22314217.jpg
ほどなくして霧島温泉駅へ到着、はやとの風を見送りました



e0206944_2232131.jpg
駅からはローカルなバスでの移動になります、子供達はバスもお初です(^^♪



e0206944_22321968.jpg
旅館静流荘
いつもテント泊が多いので旅館は新鮮、上げ膳据え膳のおもてなしを味わいます



e0206944_223595.jpg
浴衣に着替えくつろぎました!!



e0206944_22352260.jpg
もちろん黒豚のしゃぶしゃぶです!!
しあわせな味です!(^^)!まいう~



e0206944_2235351.jpg
お風呂も貸切や大浴場などバリエーションに富んでます、写真は渓流沿いにある貸切露天風呂(*^_^*)これぞ霧島火山の恵み、最高~~
夜になると渓流を挟んだ反対側の山からピィ~ピィ~と鹿の鳴き声がこだましてました
また、屋根の上を獣が歩く音がしたり、耳で霧島の大自然を味わうことができました(笑)



e0206944_22385335.jpg
翌朝はチェックアウトしてバスが来るまで時間がありましたので自然探勝路を歩き森林浴!!小一時間ほど散策しました



e0206944_2239695.jpg
鹿に会うことはできませんでしたが、スズメバチの群れに遭遇してダッシュで逃げましたよ(^^ゞ



e0206944_22392431.jpg
温泉が流れ落ちる"丸尾の滝"



e0206944_22475469.jpg
帰りもバスに揺られて霧島温泉駅まで~



e0206944_22484367.jpg
また霧島にはヤマノボリで訪れたいなぁ、なんて思いました
新燃岳の噴火が記憶に新しいですが、噴火も小康状態のようで一部入山規制も解かれたようです
旅館にあった「噴火の空震で窓ガラスが割れる恐れがあるので就寝時はカーテンを閉めて下さい」という案内もまだ予断を許さない状況だということでしょう
噴火で観光客離れというニュースも見ましたが、今回宿泊した静流荘はお客さん多かったです。



意外と進まなかったのでまた明日に続きます。
[PR]

by ffbunka | 2012-11-02 13:25 | Trip | Comments(4)
2012年 11月 01日

日本三大車窓 ~いさぶろう・しんぺい号~

人吉駅からはいさぶろう・しんぺい号に乗り継いで吉松をめざします
矢岳高原を越えていく山登り列車です、途中にループやスイッチバック、最大勾配30/1000という当時の蒸気機関車で登れる限界の坂道があり
肥薩線の難所といわれています、矢岳第一トンネルには「天険若夷」「引重致遠」の石額が埋め込まれています、詳しくはWEBで(笑)

e0206944_22185717.jpg
赤いボディーのいさぶろう・しんぺい号



e0206944_2219125.jpg
やはり駅弁がいいですね~~



e0206944_2220568.jpg
ぐんぐんと坂道を登っていきます、ディーゼルエンジンはパワフル!!



e0206944_2222326.jpg
大畑駅、下車して10分程休憩できます



e0206944_222450100.jpg



日本の原風景の中を列車は走っていきます
e0206944_22251188.jpg




e0206944_2225287.jpg
スイッチバックするため運転士さんが車内を前から後ろへ移動します



e0206944_22262469.jpg
ループの最高地点では先程停車した大畑駅が眼下に、遠くには市房山が見えました



e0206944_22275026.jpg
展望席なんかもあって結構楽しい(^^♪



e0206944_22285017.jpg
標高536メートルの矢岳駅、ここの駅舎もレトロ♪♪ Nゲージなんかのジオラマの中みたいですよ!!



e0206944_22311955.jpg
県境の矢岳トンネルを越えると霧島連山の眺望が広がりました
やはり日本三大車窓というだけあって素晴らしい景色が堪能できます、ほんと天気良くてよかった~~!!



e0206944_2234146.jpg
駅を通過か?と思うとその先でまたスイッチバック
ここもまたジオラマみたいでよろしい!

e0206944_22352333.jpg
真幸駅、真の幸せに入るということですが、バイクツーリングの人達が多く訪れてありました
この駅は宮崎県に位置しています



e0206944_2235378.jpg




e0206944_22385198.jpg



こうしたサービスもありなんです!!
e0206944_2239884.jpg




e0206944_22392146.jpg
急な坂道を下り鹿児島県に突入!吉松駅に到着しました!!
ここでまた乗り継ぎになります!(^^)!いさぶろう・しんぺい号は完全なる観光列車って感じでした
結構マニアックで通な方にはたまらないと思います、まぁ私自身その気があるのも否定しませんけど(^^ゞ それにしてもJR九州恐るべし!!


たいへん長々といきましたが今日はこのへんで...(笑) 懲りずにエピソードⅢへ続きます。
[PR]

by ffbunka | 2012-11-01 13:06 | Trip | Comments(2)
2012年 10月 31日

STEAM LOCOMOTIVE 人吉

南九州鹿児島へ鉄道の旅へ行ってきました、心配していた天気と子供の体調も良く筑後船小屋より新幹線つばめで熊本へ
熊本からはSL人吉に乗り継ぎます、私自身もSLには初めて乗車しました!
真っ黒な車体に煙をあげて走る姿は鉄道ファンでなくとも関心させられますね!!
コックピットもメカメカしていて操縦というよりか作業場的な空間でした
新幹線から乗り継ぐので最新と旧式のギャップがまた面白い、カランカランカラン♪♪とベルの合図でドアが閉まり、ゆっくりと走り始めます

e0206944_11415322.jpg
さあこれからSLと肥薩線の旅のはじまりです!(^^)!



e0206944_11474575.jpg


このメカメカしさがメカフェチの目を釘付けにします

e0206944_1142118.jpg




e0206944_11423582.jpg
客車の前と後ろは展望席になってたので走っているSLが見えます



e0206944_11425229.jpg
清流球磨川に架かるNYメイドの橋、球磨川の悠久の流れを遡行するようにSLは走ります



e0206944_1249393.jpg




e0206944_1143694.jpg
球磨川の渡し船の船頭を40年間され、今月をもって引退される求广川(くまがわ)八郎さんがサプライズゲストとして乗車されてました




e0206944_11491395.jpg
穏やかなスピードと秋の陽射しが優しく広がる車窓からの景色です
彼らはシュッシュッポッポッに乗っているという自覚はどれくらいあったでしょうか?
降りて見ればそれだと解ると思いますが...乗っていたら見えないですからね(笑)



e0206944_11481074.jpg
通称86とはこのSLの型式、8620型に由来するそうです、貴重なコーフィーをいただきました



e0206944_11433684.jpg
人吉駅に到着
お客さんと乗務員でアーチを作り「おつかれさま」と人吉球磨川の風物詩八郎さんを見送りました!(^^)!
そんなロマン溢れるSL人吉、たまには「ゆっくりもいいもんです」そんな言葉がぴったりです


人吉駅でSLとお別れして、次の列車へ乗り継ぎになります、これから肥薩線最大の難所があります、それではまたつづきで。
[PR]

by ffbunka | 2012-10-31 13:03 | Trip | Comments(4)
2012年 05月 28日

海を越えて...

島原半島へ旅に出ました!!
e0206944_22261523.jpg
フェリー乗り場にて
これから旅の始まりです。


船にゆられて対岸の長崎県
e0206944_22275043.jpg
とりあえず腹ごしらえに"TimeTime"という海の見えるレストランに入った



e0206944_2230788.jpg
パエリア、トルコライス美味かった!(^^)!
店を出たらご近所の焼酎BAR店主と家族に偶然の遭遇でした(^^ゞ海を越えても世間は狭いのです





海抜0メートルから1333メートルまで一気に駆け上がります
e0206944_22321217.jpg
雲仙仁田峠、ミヤマキリシマが満開でしたよ!!


e0206944_2234966.jpg
ロープウェイで妙見岳まで一っ飛び



e0206944_22345787.jpg
崇と湧はしばしの空中散歩に大興奮してました





雲仙岳を後にして向かったのは
e0206944_2236922.jpg
平成2年の噴火の際に火砕流で被災した旧大野木場小学校
校舎はあの日のまま時を刻んでいた、人の力では敵わない、まさしく自然の脅威を感じる


e0206944_22375927.jpg
錆ついた鉄骨やフェンス越しに見上げる雲仙普賢岳どことなく恐ろしい雰囲気に見えた





つづいて島原市内へ
e0206944_2242303.jpg
前から気になっていたカフェ、青い理髪館
職業柄いつかは行きたいという思いがようやく叶った(^^♪



e0206944_22445725.jpg
店内も鏡や椅子が当時のまま残っていて、まさに大正時代の理髪館



e0206944_2246796.jpg
お店のオーナーさんのアットホームな接客が好印象でした



e0206944_22473278.jpg
レアチーズケーキコーヒーセット、手作り感のあるやわらかい味だった




e0206944_22484615.jpg
島原の城下町を流れる川、湧水の川でとてもキレイ!!
島原は水の豊かな所ですね





陽も傾き、フェリーで戻ってビーチで遊びました
e0206944_22503376.jpg



さっきまでいた島原半島、雲仙岳が海の向こうに見えました
e0206944_22521677.jpg
あっという間の一日だったけど、ホント見どころ満載のDay Tripだった、阿蘇くじゅうもいいけど海と山の島原半島もいいね!!
[PR]

by ffbunka | 2012-05-28 23:12 | Trip | Comments(8)