The Notebook Of Mountains  

ffbunka.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Fly fishing( 56 )


2017年 07月 18日

復活の川

前回釣行の投稿では空梅雨などと天を仰いでいましたが、梅雨末期に入り線状降水帯という雨雲により朝倉市や日田市などでは甚大な豪雨被害がおこってしまった。

この度の豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるようお祈りしております。

e0206944_21224623.jpg

50年に一度とかいいますが、5年前にも"九州北部豪雨"がありました、その時は私の住む八女市も被害がでました。

今日向かった川も5年前甚大な豪雨被害に見舞われ、川の中を建設重機が行きかうような状況でした。
そして5年ぶりに入渓、面影はありますが渓相は随分と変わっていました。
e0206944_2116812.jpg

工事が終わり「瀬」と化した川も5年の間に魚の住める環境へと変化していました。


e0206944_21163188.jpg
真夏の日中で釣りにいい時間ではないけど、ナチュラルドリフトさせるとたまらず飛び出してくる。


e0206944_21164449.jpg
綺麗な山女魚を釣り終点まで遡行、藪こぎしてて偏光が曇るのでキャップにのせていたら.... 無い!!
必死に3往復ぐらいして発見!!「よかった~~~」TALEXなので高いんですよ~^^
[PR]

by ffbunka | 2017-07-18 21:23 | Fly fishing | Comments(0)
2017年 07月 03日

空梅雨です

もう7月ですがぜんぜん降りません、しかし県境の山では局地的に降っているようで、

上流部では川床が洗われてて以外にもできそうな水量だった、

午後からの入渓、気温30℃、半袖でタイツ無しでウエーダーは気持ち良かった^^

ストーンの抜け殻がたくさん、テレストリアルの時期かな、

17時過ぎまでやりました。
e0206944_2241041.jpg
夏山女魚に相応しいきれいな魚。


e0206944_2242273.jpg



e0206944_2243424.jpg



e0206944_2244597.jpg
接近中の台風は恵の雨となるか?
[PR]

by ffbunka | 2017-07-03 22:07 | Fly fishing | Comments(0)
2017年 05月 22日

5月の川

仕事が遅くなり晩酌もせずに寝たら朝5時に目が覚めた、

せっかく早起きしたので釣りに行くことにしました。

蝶が舞い渓にカジカの美声がこだまする晩春。
e0206944_1627779.jpg

いるんだけどなかなか釣れない、相当叩かれまくているのだろうか?

シビアすぎてフッキングならず、ストーキングするもフライをあれこれ変えても状況は変わらず。

陽射しが高い所から照りつけるようになり気温も上昇、気持ちにも焦りが。

しかし、となりの支流に入ってからは状況が一変してどうにかなった。
e0206944_16272985.jpg
#16イエローサリー(ミドリカワゲラ)で連発。

e0206944_16274053.jpg


e0206944_16275712.jpg
やはり、人のプレッシャーは釣果に影響するという事。

小さいながらも美しい溪魚、早起きは三文の徳と言ったところでしょうか。
[PR]

by ffbunka | 2017-05-22 16:39 | Fly fishing | Comments(0)
2017年 03月 06日

2017解禁

今年も長い夏が始まった、渓流解禁。
まだまだ朝方は冷え込む3月上旬、昼過ぎからの重役出勤。
気温は11度、陽射しに風に春の匂いが、メイフライのハッチ。
思った以上に川の中にも春が訪れていました。
e0206944_21453635.jpg

解禁してすぐの溪魚達はスレていない、ためらいもなくフライに食らいつてきます。

e0206944_21454836.jpg


一先ず春ヤマメの姿を確認できたのだが、
鈍った竿裁き、痛恨のスリップで袖を濡らし天を仰いだ(苦笑)
e0206944_2146099.jpg

[PR]

by ffbunka | 2017-03-06 21:51 | Fly fishing | Comments(2)
2016年 09月 05日

9月の川

4月以来久々の釣りとなりました。
台風12号が九州北部をかすめて行きましたが、期待?した雨量は降らず渓相に変化は無しでした。
か弱い流れからはハヤの猛攻、エルクヘアカディスで粘りようやくキャッチ!!
e0206944_20183579.jpg
小ぶりですがキレイなヤマメ、傍らに咲いていた秋の七草、葛の花を添えてみました。



e0206944_20184755.jpg




e0206944_2019233.jpg

今シーズンの最後にもう一度出会いたいと思いました。
[PR]

by ffbunka | 2016-09-05 20:29 | Fly fishing | Comments(0)
2016年 04月 04日

最盛期突入!

川へ向かう道すがら満開の桜。

花弁の舞う反転流、谺す鶯の声。
e0206944_21291145.jpg
花散らしの雨のあと、状況は最高であったけど、技量が伴わず...

ライズはとれずすっぽ抜け!でもだいぶ流れから出るようになっていました。

e0206944_21361792.jpg



e0206944_2139571.jpg



e0206944_21514881.jpg

サイズは今一つ、でも良く釣れた。

桜花、流れ、山女魚、春渓を満喫!!


e0206944_21372693.jpg
沢カニがうじゃうじゃいたよ(笑)
[PR]

by ffbunka | 2016-04-04 21:39 | Fly fishing | Comments(4)
2016年 03月 14日

催花雨

一雨ごとに春が近づく、

早く咲けと花をせきたてるように降る雨、

そして川の流れも一雨ごとに蠢きはじめる。


入渓時刻11時、気温9℃、昨日からの雨もあがり晴れ間が覗くが北よりの風が肌寒い、

まだまだ"春"とは言えないが、着実に向かっていた、水辺はカディスにメイフライのハッチ。
e0206944_21345247.jpg
今シーズン初めて拝んだヤマメ。

水深のあるトロ場から水面を割って飛び出した。

e0206944_21425747.jpg
続いて錆の入ったワイルド君。


e0206944_21435942.jpg

パラシュート#18~16

e0206944_214481.jpg




解禁から2週間、叩かれまくっている本流へ、

ロングキャスト、ドリフト、そして~~~「タッパァッ‼」と出た^^
e0206944_21105746.jpg
大場所でライズしていたヤマメをGet!! サイズは本日のBig1。
一先ず、満足、納得のフィッシング。



e0206944_21531265.jpg
極寒に耐え乗り越えた大自然のエネルギーが今大開放へと進んでいる。
[PR]

by ffbunka | 2016-03-14 22:02 | Fly fishing | Comments(0)
2016年 03月 08日

解禁&ウエーディングシューズ

履いていたシューズが中も外もボロボロになってきたんで今シーズンから新調。
e0206944_13595022.jpg
リトルプレゼンツのライトウエイトWDシューズ。

久留米のODマ~ブルさんで実際にウエーダーを履いて購入。バッチリである^^

見た目は登山靴みたいで重そうだが、かなり軽い。


e0206944_1410373.jpg
フライもいくつか巻いてみた。

3月になりさっそく川へ行ってみるも、まだ少し早いようだ、

気温は20℃あっても水温はまだまだ低い、

ライズを見つけたが釣れたのは大きめのハヤだった、

さあ2016年開幕です。
[PR]

by ffbunka | 2016-03-08 14:16 | Fly fishing | Comments(2)
2015年 09月 07日

in September...

秋雨前線が活発で気温も低下、例年とは違った涼しい9月、いいんじゃないでしょうか^^
e0206944_147751.jpg
大場所で満点のライズをしてくれた、そしてロッドに伝わる生命力、ヒレピンのグッドプロポーション!



e0206944_1475563.jpg
ここの川は茶色っぽい魚が多い?



e0206944_148574.jpg
初秋のツリフネソウ



e0206944_1481654.jpg
今日は釣った魚をキープ、ヤマメ塩焼き大好きな長男と次男へ。

遊んでくれる魚を食べるのは忍びないけれど、改めて生命の尊さをかみしめる機会としよう。
e0206944_185016.jpg



e0206944_1895499.jpg
天然はホント美味しいのです^^


今シーズンラスト釣行、来春3月に会いましょう!!
[PR]

by ffbunka | 2015-09-07 18:54 | Fly fishing | Comments(2)
2015年 08月 04日

阿蘇の溪

"夏ヤマメは一里一匹" とはよく言ったものでなかなか出てくれなかった...
e0206944_2028030.jpg
梅雨が明け涼しい高原といえども7時を過ぎると陽射しが暑い。

蜘蛛の巣をかき分け、額を伝う汗をぬぐいながらキャスティング。

晩春~梅雨にかけて賑わった川、水面が割れる事もなく蝉の声だけが響きわたる。

ようやくチビヤマメをかけて心を落ち着かせるも次に続かず。

年に一度は「まるでダメ」がある、今日はそれに当たってしまったか?

自然相手の趣味だから、そこらへんが関心深いのである。

e0206944_2041669.jpg
河原撫子


e0206944_20413143.jpg
阿蘇鋸草


e0206944_20415885.jpg
岩煙草



阿蘇の原野を夏の草花達が彩る。

石に腰かけ、足を水面につけてティペットを結ぶ、

渓谷に一人、涼風とともに幸せな時間が過ぎていく。
[PR]

by ffbunka | 2015-08-04 20:59 | Fly fishing | Comments(0)