The Notebook Of Mountains  

ffbunka.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 17日

カラ迫岳

e0206944_12372742.jpg
お昼から用事がありましたので早朝から地元の山へソロで行きました、以前から話には聞いていたんですが、実は初めてのアタックなんです
田植え真っ最中の風景を横目に見ながら県道を星野村へ車を走らせ、小さいですが案内板に従い登山口を目指します




登山口は草に覆われそうになっていましたが奥に進むとすぐにトレースを確認できました^^
e0206944_12374964.jpg
星野川源流部の森、鬱蒼とした沢沿いのトレイル、アオバトの不気味な声が響いていました
マムシを恐れて足元に注意しながら歩くとカンアオイやミズタビラコなどを発見できます


e0206944_12384170.jpg
金抗跡
カラ迫岳まで何メートルという親切な案内板があり迷う事はまずないでしょう


e0206944_12395551.jpg
奥の突頭状ピークが山頂か?
ここまでは無風でじっとりと汗かきました、開けた場所では風が心地よく感じられます


e0206944_1240995.jpg
国境石が置かれた県境尾根、久留米藩と天領日田、現在の福岡県と大分県です、この辺りのトレイルは快適な感じでした

明るい尾根道は落葉樹に代わり聖域的な雰囲気があります、津江山系は植林が進んだイメージだったんですが
タツナミソウ、ナルコユリ、カンアオイ、ガクウツギ、ツルアリドオシ、ミズタビラコと季節の花が楽しめました!やばいです^^
e0206944_12421436.jpg



e0206944_12512742.jpg



e0206944_1243114.jpg



e0206944_12433215.jpg


e0206944_12435371.jpg


e0206944_1244542.jpg




紅一点のヤマツツジが緑に映えていました、また白いヤマボウシは梅雨空が似合いますね!
そう草花を愛でているといつの間にか山頂はもうすぐそこのようです
e0206944_12443235.jpg



e0206944_12451759.jpg



e0206944_12455325.jpg


e0206944_12462290.jpg


e0206944_1246539.jpg
熊渡山への縦走ルート、次回への楽しみにとっておきます^^


e0206944_12471046.jpg
カラ迫岳山頂1006M
5~6人で満員になりそうな狭い山頂はヤマツツジにヤマボウシがちょうど満開、出番を待つノリウツギやシモツケが準備中な小庭園、イイ感じ!!


e0206944_12475360.jpg
津江山系の盟主御前岳釈迦岳の好展望所、左奥には由布岳~くじゅう連山を望めます
しばし汗が引くまで絶景を独り占めでした^^


e0206944_12483117.jpg
新緑から深緑へ、ボタニカルな近くの山、登り1時間10分下り40分ほどのお気軽コース
なかなか展望も良く地元の山新発見でしたよ。

by ffbunka | 2014-06-17 17:47 | Mountaineering | Comments(2)
Commented by まる at 2014-06-18 14:29 x
近くの山登りいいですね!

マムシはちょっと困りますが~
Commented by ffbunka at 2014-06-18 16:57
まるさん>
注意してみましたがマムシ及びヘビは見ませんでしたよ!
こちらはオススメの山です!!


<< 庭いじり      英彦山野鳥の森観察舎 >>